事前に必要な書類を知っておくのが大切です

サイトメニュー

流れをイメージする

悩む女性

分かりやすさを重視

うつ病になって障害年金を申請するときには、その等級を知る必要があります。等級は1級から3級まであります。級数の判定にはそれぞれ目安があり、仕事を続けるのが困難ですが日常生活に問題がない場合ですと、3級に該当する可能性があります。うつ病で障害年金を申請する時は医師の診断書が必要なります。障害年金は初診日から1年6ヶ月後から支給されます。必ずしも最初に精神科にかかった日が初診日とは限らないです。うつ病とは気づかずにかかった診療科での診療日が、初診日に該当することもあります。医師の診断書が障害年金の審査において大切ですので、医師の診断の際には自分の症状の変化などを明確に伝える必要があります。医師の診断書はうつ病による障害年金申請において最も大切なものとなります。そのため自分の症状についてなるべく正確に話す必要があります。日頃から自分の症状について書面では予めまとめておくと便利です。書面にすることで、自分の症状の変化を客観的に見ることができます。

うつ病になって障害年金の申請をする時は、病歴と就労状況等に関する申立書は自分で作成する必要があります。この申立書には日常生活のことや就労状況などを書く必要があります。うつ病は長く患っていることが多くて、長年の闘病のことを書く時は、何年かで分ける必要があります。初診日から現在までの状況3年から5年に分けて記載すると良いです。こうすると症状の変化を伝えやすくなります。一度に10年とか20年まとめて書いてしまうと、年金機構から訂正を求められることもあります。医師の診断書や病歴と就労状況等に関する申立書は年金機構に提出します。医師の診断書にどれだけ医師が具体的に症状を記載しても、診断書の限られた枠内で記入できることは限りがあります。申請者自身が記載する必要がある申立書にいかに詳しく状況や症状を書くかが大切になります。申立書にいかに正確に詳しく記載することが、障害年金を受給することに繋がります。申立書は自分で記載する必要があるので、書くためのポイントを抑える必要もあります。